1977年の高倉健を語る。【ぷらすと×Paravi】