理系力が身につく週末実験 身近な不思議を読み解く科学 (サイエンス・アイ新書)尾嶋 好美

理系力が身につく週末実験 身近な不思議を読み解く科学 (サイエンス・アイ新書)尾嶋 好美

Author: 尾嶋 好美 宮本 一弘
Publisher: SBクリエイティブ
Published at: 2019年09月17日
ISBN-13: 9784815601546



Description


毎日のように目にする食べ物、100円ショップにもある日用品、道ばたでよく見かける植物、虹や夕焼けなどの自然現象……。
実はこれらには、大人でも意外にわかっていない「不思議」がたくさんあります。

そこで本書では、どうすればわかるのか、7つのヒントを示しつつ、「家庭で」「短い作業時間で」できる科学実験を通して、解説していきます。

楽しみながら、筋道を立てて考える「理系力」が身につく1冊です。
序章 日常生活や科学実験で「数値化」が大切な理由
第1章 分ける 〜一緒くたではわからない〜
第2章 比較する 〜比べたら明らかになること〜
第3章 変化させる 〜姿が変わっても同じもの〜
第4章 反応させる 〜出あわせると変わるもの〜
第5章 モデル化する 〜実際に見ることで理解できる〜
第6章 可視化する 〜見えないものを見えるようにする〜


Table of Contents


序章 日常生活や科学実験で「数値化する」理由/第1章 分けるー一緒くたではわからない/第2章 比較するー比べたら明らかになること/第3章 変化を見るー姿が変わっても同じもの/第4章 反応させるー出あわせると変わるもの/第5章 モデル化するー実際に見ることで理解できる/第6章 可視化するー見えないものを見えるようにする


Author Description


尾嶋好美(オジマヨシミ)
筑波大学GFESTコーディネータ。東京都生まれ。北海道大学農学部畜産科学科卒業、同大学院修了。筑波大学生命環境科学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(学術)。筑波大学にて、科学に関心を持つ小中高校生のための教育プログラムを10年以上、企画・運営。現在は「科学実験を通して、論理的思考力や自主性が養われる」という考えのもと、親子向け科学実験教室も実施

宮本一弘(ミヤモトカズヒロ)
開成中学校・高等学校の化学科教諭。東京都生まれ。東京都立大学卒業後、東京工業大学大学院修了。理学修士。教員の仕事のかたわら、園児や小学生を対象とした体験型の科学実験教室を年に70回ほど開催している。また化学のイベントを企画・運営し、化学の普及活動を行う。NHK Eテレ「高校講座 化学基礎」の講師も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


Related Lists




Recommended For You

世界平和実現のために―新・般若心経

伊藤 恒寧【著】 / たま出版

漢字とは何か―日本とモンゴルから見る

岡田 英弘【著】 宮脇 淳子【編・序】 樋口 康一【特別寄稿】 / 藤原書店

植物 ふしぎな世界 (ネオ生物学シリ-ズ ゲノムから見た新しい生物像)美濃部侑三

美濃部侑三 / 共立出版

地球の歩き方(D 22(2010〜2011年) アンコール・ワットとカンボジアダイヤモンド・ビッグ社

ダイヤモンド・ビッグ社 / ダイヤモンド社, ダイヤモンド社