世界で一番美しい化学反応図鑑セオドア・グレイ

世界で一番美しい化学反応図鑑セオドア・グレイ

Author: セオドア・グレイ ニック・マン
Publisher: 創元社
Published at: 2018年09月25日
ISBN-13: 9784422420080



Description


世界でシリーズ累計150万部、日本で30万部を突破!
『世界で一番美しい元素図鑑』『分子図鑑』で見せた
圧倒的なビジュアルと軽妙な語り口で科学好きをわかせた
セオドア・グレイの元素3部作に待望の3巻目が登場。

本書では、分子が反応を起こす中でどのようにくっついたり
離れたりしてこの世界を形作り、私たちが存在することを
可能にしているのかが解き明かされる。

『元素図鑑』に始まる楽しいドラマの最終章の幕開けだ。


Table of Contents


第1章 化学はマジック/第2章 原子、元素、分子、化学反応/第3章 ファンタスティックな化学反応に出あえる場所/第4章 光と色の起源/第5章 退屈な章/第6章 速いか遅いか、それが問題だ


Author Description


グレイ,セオドア(Gray,Theodore)
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で化学を学び、卒業後カリフォルニア大学バークレー校の大学院に進学。大学院を中退してスティーヴン・ウルフラムとともにウルフラム・リサーチを創業し、同社が開発した数式処理システムMathematica(マセマティカ)のユーザーインターフェースを担当した。かたわら、「ポピュラー・サイエンス」誌のコラムなどでサイエンスライターとして活躍する。元素蒐集に熱中して自ら周期表テーブル(周期表の形をした机にすべての元素またはその関連物質を収めたもの)を制作し、2002年にイグノーベル賞を受賞。2010年にウルフラムを退職し、iPadやiPhone用アプリの制作会社を立ち上げて、共同創業者兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーとして活動している。イリノイ州アーバナ在住

マン,ニック(Mann,Nick)
写真家。黒をバックにした美しい写真の撮影を得意とする。スタジオでの撮影のほか、風景写真やステレオ写真の撮影でも活躍している。イリノイ州アーバナ出身

若林文高(ワカバヤシフミタカ)
国立科学博物館理工学研究部長。専門は触媒化学、物理化学、化学教育・化学普及。博士(理学)。1955年生まれ。京都大学理学部化学科卒業、東京大学大学院理学系研究科修士課程修了

武井摩利(タケイマリ)
翻訳家。東京大学教養学部教養学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


Related Lists




Recommended For You

科学文明の「信」を問う 存在・時間・生命の情理河原宏

河原宏 / 人文書院

山ふたり(北海道・東北・九州編)三輪敏広

三輪敏広 三輪和恵 / 春風社

ぼくはピ-のすむ国へ行った (PHP創作シリ-ズ)森下研

森下研 浅野輝雄 / PHP研究所

無傷じゃいられねぇ (ジュネ・コミックス)定宏美香

定宏美香 / マガジン・マガジン